• 中部食産コーポレートサイトへ
  • 奥美濃古地鶏とは
  • 熟成方法・加工
  • 取扱製品のご案内

古事記にまつわる伝説から生まれた
岐阜のブランド地鶏。

高山市位山に伝承される「天の岩戸」伝説。
天の岩戸に隠れた天照大神に戸を開けさせるよう、
気を引くために鳴かせた鶏が岐阜地鶏の祖先と言われる
「常世の長鳴鶏」です。

奥美濃古地鶏の写真 岐阜県養鶏試験場

新しい岐阜の地鶏

岐阜地鶏は昭和16年に天然記念物にも指定され、鶏の原種の 特徴を色濃く残しています。
岐阜県養鶏試験場(現畜産研究所養鶏研究部)では、この「岐阜地鶏」をもとに「おいしい卵と鶏肉づくり」
を テーマにして、「神代の味の再現」に取り組み、新しい岐阜の地鶏を開発しました。
山紫水明、清流長良川の源で育てられたこの鶏を「奥美濃古地鶏」と命名し、 今日に至っています。

地鶏ってどんな鶏?

地鶏と呼ばれるのは、農林水産省の定められた定義に適合した鶏だけです。

素びな 在来種由来血液百分率が50%以上のものであって、出生の証明(在来種からの系譜、在来種由来血液百分率及びふ化日の証明をいう。)ができるものを使用していること。
・・・少なくとも片方の親が在来種である必要があります
飼育方法 28日齢以降平飼いで飼育していること。
ケージではなく、鶏が自由に歩き回れるような地面などで飼育することを平飼いといいます。
飼育期間 ふ化日から80日間以上飼育していること。
一般的な若鶏は45日〜53日での出荷とされています。
飼育密度 28日齢以降1平方メートル当たり10羽以下で飼育していること。
一般的な若鶏は1平方メートルあたり約15羽とされています。
赤身がかった奥美濃古地鶏のお肉

「おいしい鶏肉」その魅力

自然に近い環境でゆったりと時間をかけて育てられた奥美濃古地鶏は、鶏本来の特徴が強く
若鶏とは違い、素早い動きや高いジャンプ力など野性味あふれる鶏。
その引き締まった肉質には旨味がぎゅっと凝縮されています。

奥美濃古地鶏の鶏舎の様子

換気や温度管理が整った飼育環境で、ブロイラーよりも長い80日以上をかけて、丁寧に飼育されています。

こだわりの餌

飼料にも安全・安心なものに気を配り、品質面において本物志向を生んでいます。

適度に脂肪がついた赤みがかった奥美濃古地鶏の肉

赤みがかった肉は適度な脂がつき、コクのある旨味と、キュッと引き締まった肉の歯ごたえは食通にも認められています。